CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
RECOMMEND
旅の指さし会話帳〈4〉中国(中国語) (ここ以外のどこかへ!)
旅の指さし会話帳〈4〉中国(中国語) (ここ以外のどこかへ!) (JUGEMレビュー »)
麻生 晴一郎
中国語がまったくできない人が中国旅行に行くときは、とっても便利な一冊です。
RECOMMEND
中国に人民元はない (文春新書)
中国に人民元はない (文春新書) (JUGEMレビュー »)
田代 秀敏
中国で住まれる方、働く方、起業する方、読んでおいて損はないと思います。
MOBILE
qrcode
<< 福建餃子の作り方 | main | 福州国家森林公園に行ってきた >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    鼓山へ行ってきた
    0
       福州で一番有名な山、鼓山に行ってきました。

      出かけた日の前日まで、ず〜っと雨模様で寒い日が続いていたのですが、
      出かけた日は朝から良い天気。
      最高気温が28度まで上がりました!(笑)

      日本では雪が降って最低気温-5度の日が続いていたそうですから
      中国に遊びに来てて良かった…と思ったものです(笑)

      さて。

      鼓山は福州でも有名な観光地です。
      長楽市からは高速を使って30分ほどで着きます。
      高速を使わなくても1時間もあれば着きます(渋滞がなければ)。

      山の上(頂上かな)に涌泉寺という大きなお寺があります。
      ず〜っと昔に空海が修行していたこともあったとか。

      鼓山の麓に大きな門と駐車場があり、
      そこから歩いて(石段があるそうです)頂上のお寺まで行くことも、
      ロープウェイで山の空気を楽しみながら行くことも出来ますが、
      我々(親戚や子供たちと一緒でした)は車で頂上の駐車場まで登ってしまいました。

      だって疲れるじゃん。小さい子供もたくさんいたし(苦笑)

      旦那さんが子供のころは頂上まで一般の車が通れる道が無かったのか、
      麓から歩いて(石段で)お寺まで行くのが普通だったとか。

      鼓山の山道は日本の山道と変わらず、
      「ここは…日光か!?筑波山か!?」
      と思うほどに景色が似ていました(^^)

      頂上の駐車場からは歩いて散策。
      というかすぐにお寺の境内に入ります。
      入り口でお金を払います。

      入場料50元/1人

      どうやら値上がりしたようです。
      以前は40元/1人だったようですね。

      旦那さんに電話したら
      「え!?無料じゃないの!?」
      と言われました。
      ずーっと以前は無料だったみたいです。

      春節直前に行ったんですけど、観光客がまばらで不思議だったんですよね。
      高いからみんな来なかったのかな?観光客が来るのは春節後なのか?
      50元は確かに…ちょっと高いかも。

      一歩、お寺の中に入ると、
      空気が凛としていて別世界に入ったような感じ。

      池の真ん中に佇む、南無観世音菩薩の仏像。

      龍の彫刻のオブジェがカッコいい。

      何の建物かと思ったら、レストランでした(笑)

      境内はとっても広くて、本堂以外にも見所がいっぱいありました。

      壁に文字が書かれた石壁。


      こういう石壁がず〜っと続いていて、圧巻でした。

      ただ、息子のベビーカーを運ぶのが大変でした(苦笑)
      鼓山には必要無かったかもね。

      私が一番気に入っている写真。

      休憩所の2階の窓を撮っただけなんですけど、中国っぽくて好きです(^^)

      いよいよ本堂へ。
      湧泉寺

      中には金色に輝く、とてもおっきな仏像がたくさんいました。

      写真撮影禁止!

      と張り紙があったので、残念ながら写真は撮れませんでした(泣)
      勝手に撮っても何も言われないんだろうけど、罰に当たりたくないので…。

      湧泉寺を抜けると中庭かあり、その先にまたまた大きな建物が。
      大雄宝殿。

      この中には三世像という金色に輝く大きな3体のお釈迦様がいて、

      過去、現在、未来

      を現しているそうです。
      ここも撮影禁止。残念。

      お供え用に線香や蝋燭が売られていました。
      中でも変わったものが。
      パイナップル型の蝋燭(キャンドル)が売られていました。

      パイナップルの形をしたガラスの容器の中に
      黄色の蝋が入っているものです。
      福州は南国だから?でも福州でパイナップル一度も食べなかったぞ(笑)

      他にも、中国らしい赤い(紫?)の線香やバカでかい線香など。

      金額も結構いい額してて、2、30元〜3、4百元まで。

      「ぼったくるなぁ〜」

      と内心思っていましたが、
      建物の維持費やお坊さんたちの生活費にお金がかかるのでしょうかね。

      参拝していたみなさん、熱心に線香をささげていましたが、旦那さんの親戚は興味なし。
      宗派が違うのかしら?

      とはいえせっかく来たので、
      最後に参拝した大雄宝殿で、このパイナップル型キャンドルを買ってささげることにしました。

      別に赤い紙のお札を貰い、これに願い事を書いてキャンドルに貼り付けます。
      願い事と言っても、日本で言う「家内安全」とか「厄除開運」とかです。
      もっぱら中国人は「お金もちになりますように」ですが…。

      で、お釈迦様の前に置いてある蝋燭で火をつけて…って火が付いてない!
      キャンドル販売してたお店の人に言ったら、
      「え〜(お釈迦様の)横にライターがあるでしょ。それで付けて。」
      って…いい加減だなぁ(^^;)

      で、お釈迦様の前に置いてある机にささげてきました。

      帰りに駐車場横にある休憩所で魚丸と茶卵を食べて、
      本場の茶卵、初めて食べました。いや〜美味しくて5個も食べちゃいましたよ(笑)

      次は福州国家森林公園へ行くことに。

      続きは次回…
      | 中国での1コマ | 14:16 | comments(3) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 14:16 | - | - |
        コメント
        ここ、行きました。入り口まで。夫の親友の妻がキリスト教で、行きたくないって言うので、一緒に入り口で待っていました。中は、そうなっていたんですね〜。初めて知りました。

        うちも車で上までのぼりました・・・他の手を知りませんでした。う〜ん。
        | ぽん | 2010/03/16 7:36 AM |
        私も行きましたよ☆20年位前ですけど。
        勿論、拝観料無料でした。

        主人はクリスチャンなので、参拝はしませんでしたけど、ロープウェーで上り、途中歩いて景色を見ながら、本堂まで行きました。
        | ウラン | 2010/03/16 8:32 PM |
        ☆ぽんさん☆
        キリスト教のお知り合いがいらっしゃるんですね。私はまだキリスト教の中国人に会ったことが無いです。
        せっかく入口まで来たのに中に入らなかったのですね。中は広くて大きな仏像がたくさんありました。
        また機会があったら、次回は中も見てください(^^)

        ☆ウランさん☆
        やっぱりもともとは無料だったのですね。旦那は「ぼったくりだ!」と文句言ってましたよ。自分は日本にいて、いなかったくせに(笑)

        ウランさんのご主人様はクリスチャンですか。私はキリスト教の中国人に会ったことがまだないのですが、多いのですか?
        | sugippi | 2010/03/18 11:20 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://sugippi.jugem.jp/trackback/19
        トラックバック