CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
RECOMMEND
旅の指さし会話帳〈4〉中国(中国語) (ここ以外のどこかへ!)
旅の指さし会話帳〈4〉中国(中国語) (ここ以外のどこかへ!) (JUGEMレビュー »)
麻生 晴一郎
中国語がまったくできない人が中国旅行に行くときは、とっても便利な一冊です。
RECOMMEND
中国に人民元はない (文春新書)
中国に人民元はない (文春新書) (JUGEMレビュー »)
田代 秀敏
中国で住まれる方、働く方、起業する方、読んでおいて損はないと思います。
MOBILE
qrcode
<< 母の散髪 | main | 福建餃子の作り方 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    中国の田舎の風景
    0
       旦那さんの実家は田舎です。
      そんなにすごい田舎ではないけれど。

      実家の周りは


      こんな感じの


      田園風景が取り囲んでいます。

      なので、夜は真っ暗!!

      どこの家も早く就寝してしまうので、本当に真っ暗になってしまいます。
      道路沿いに街灯はありますが、街灯が無かったら道も歩けないほど。

      で、部屋の電気を消してしまったら
      暗闇に目が慣れても全く見えない…。

      中国に行ってから、息子の夜泣きが始まったので
      日本に帰ってきたらピタッとおさまりました(苦笑)
      夜中も電気を消せませんでした。

      そんな旦那さんの実家には
      最近、孫(息子)のために高い塀を作りました。


      防犯(誘拐・空き巣)用に作ったとのこと。

      で、この塀。
      一番上には、泥棒よけのために


      ガラスが埋め込まれています。

      近所の塀がある家は、みんな同じことしてました。
      飲み終わったビール瓶を割って、コンクリートが固まる前に埋め込みます。

      そう、
      この塀は義理父の手作りです!

      すべて1人でやったわけではないでしょうけど(笑)
      孫への愛が感じられますね。

      この高い塀が家の周りをグル~っと取り囲んでいました。
      これで防犯は完璧ですね!(?)

      で、塀の中にある庭には
      これまた孫(息子)のために最近(?)義理母が作った家庭菜園があります。


      キャベツやカリフラワーやニラや白菜や…
      たくさんありました。

      もちろん無農薬。
      無農薬野菜を食べさせるために作った菜園です(^^)

      中国国内では農薬汚染の問題が深刻ですからね。
      中国に滞在中、
      家で食事をするときはここの野菜しか食べませんでした。

      他にも


      バナナや


      マンゴーなんかがあって

      福建は南国なんだなぁ〜と実感。

      おまけは、
      そんな旦那さんの実家の庭を、わがもの顔で歩く息子。


      ふふふ〜ん♪

      母は突然始まった息子の夜泣きに、寝不足の日が続いてヘロヘロでした…。

      そうそう。
      旦那さんの実家の周りには
      こんな感じの骨組み(?)だけの家がゴロゴロありました。


      外観はレンガの家ですね。

      耐震性どれくらいあるのかなぁ…?(^^;)
      旦那さんが言うには「鉄筋とコンクリートがきちんと入ってるよ!」とのことですが…

      コレは売りに出されている(中古?)家で、
      こういう骨組みだけの家を安く買って、自分好みにリフォームするのだそうです。

      最近、
      旦那さんの実家の周りは、お金持ちが別荘として家を建てることが多くなったそうで、
      余計に骨組みだけの家がゴロゴロ出現しているようです。

      で、完成したばかりのお金持ちの別荘。

      上のレンガの家がこうなるとは…。

      完成を祝って、お披露目パーティーしてました。
      家主は義理父の友達だそうで、お呼ばれされてました。
      私も中に入ってみたかったなぁ〜。

      で、私が帰る頃にはこの家は人っ子一人いなくなってしまい…
      家主の長期休暇まで無人の家となるのだそうです。
      勿体ねぇ〜!!
      | 中国での1コマ | 22:28 | comments(8) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 22:28 | - | - |
        コメント
        主人の実家の風景と、似ています。
        昔は、あそこら辺の山には、緑はあまりなかったそうですよ。皆で、柴刈りに行って炊飯用に使ってしまうので。今はガスがあるので、樹が茂っていますけど。

        新築の別荘、こんな感じの家が本当に多いですね〜
        | ウラン | 2010/03/09 12:32 AM |
        ☆ウランさん☆
        似てますか?福清の田舎も同じ感じなのですね(^^)
        そうか…昔ははげ山だったんですか…。確かに、電気やガスが無い時代は自分で燃料を調達しないといけなかったですからね。
        本当に、写真のような家が何軒も建ってました。中心部はマンションばかりで、一軒家は(表向き)見当たらなかったですが…。
        | sugippi | 2010/03/09 12:43 AM |
        無農薬野菜は、良いですよね〜♪ご主人様のご両親様の愛情を感じますね。きっと、子供は、こういう自然いっぱいなところで育つと楽しいのでしょうが、日本には、そんな環境は、なかなか、ないですよね・・・う〜ん。
        | ぽん | 2010/03/09 5:49 AM |
        ☆ぽんさん☆
        本当に、孫のことを考えてくれてます(^∀^)
        私が色々と口うるさく中国の農薬問題のことを言っていたからっていうのもあると思いますが…(^^;)
        私も旦那さんの実家で過ごしている時、「子供のころは、こういうところでノビノビ育てさせてやりたいなぁ…。」と思いました。
        でも、それは息子を義理両親に預けることになるので…(泣)日本にもこんな環境があれば良いのに!
        | sugippi | 2010/03/09 1:49 PM |
         山が側にある福建の風景は、岩手・盛岡に似ていますね。盛岡周辺にも、都会ではなくなった原風景が沢山残っていて、トンボや蛍等を追いかけて楽しめます(^^)v。 妻の故郷のハルピンは、見渡す限りの平野なので、山が懐かしく感じます。このような所に住まわれている皆さんは、心優しい人達がおおいのでしょうね。
        | harupinn | 2010/03/11 4:50 AM |
        ☆harupinnさん☆
        岩手はまだ行ったことが無いのですが、イメージは大自然ですね(^^)私の母親の実家も山に囲まれているので、旦那の実家はなんだか懐かしく感じます。
        ハルピンも自然に囲まれていて気持ちよいのでしょうね。ハルピンと聞くと、ロシアなイメージが強いです。
        旦那の実家の周りに住んでいる方は、みなさん優しい人たちばかりですが、喧嘩とマージャンが始まると大変です(^^;)
        | sugippi | 2010/03/12 12:02 AM |
        ご主人さんの実家緑がいっぱいでいいところですね。空気もおいしそう。私たちも主人の実家ではご両親の作った無農薬野菜ごちそうになりました。でも空気は悪かった・・・炭鉱の町なんで。冬は緑ないし・・・。庭にバナナやマンゴーってうらやましい。sugippiさんのご主人さんの実家なら住めるかも??sugippiさんはどうですか?
        | ねこ | 2010/03/13 2:27 PM |
        ☆ねこさん☆
        そうですね〜緑は多いですが、空気は悪いですよ(苦笑)
        と言っても、炭鉱の町ではないので、普通に排気ガスやほこりで悪い程度ですが(^^;)
        ねこさんも無農薬野菜食べられましたか。中国では自分たちで無農薬野菜を作って食べる人が増えているようですね。
        訪中時、市内のマンションと田舎の旦那の実家を行ったり来たりしてましたが…どっちでも暮らしていけると思いました。が、やっぱり出来たばかりのマンションの方が住みやすかったです(苦笑)
        どちらも断水は一度もなかったので(停電は何度かありました)、インフラは整っているのでしょうかね…。
        | sugippi | 2010/03/14 12:23 AM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://sugippi.jugem.jp/trackback/17
        トラックバック