CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
RECOMMEND
旅の指さし会話帳〈4〉中国(中国語) (ここ以外のどこかへ!)
旅の指さし会話帳〈4〉中国(中国語) (ここ以外のどこかへ!) (JUGEMレビュー »)
麻生 晴一郎
中国語がまったくできない人が中国旅行に行くときは、とっても便利な一冊です。
RECOMMEND
中国に人民元はない (文春新書)
中国に人民元はない (文春新書) (JUGEMレビュー »)
田代 秀敏
中国で住まれる方、働く方、起業する方、読んでおいて損はないと思います。
MOBILE
qrcode
<< 家庭菜園とバイクタクシー | main | 寝返り成功♪ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    広州大使館
    0
       娘のパスポートを作りに広州大使館に行ってきました。

      娘はまだ2ヶ月。何度も遠出はしたくなかったので、
      出生届は旦那さんに頼んで日本の市役所に提出しました。

      で、戸籍謄本を送ってもらってそれをもって広州へ。

      高速バスもありますが、赤ちゃん連れなので出来るだけ時間は短くしたい。
      今回は飛行機を選択〜。

      中国の国内線は初めてです。
      福州長楽空港から広州白雲空港の飛行機です。

      行きは海南航空、帰りは中華南方航空でした。
      あいにくの曇り空で旦那さんの実家が見えませんでした(泣)

      晴れていると実家から離着陸の飛行機が結構大きく見えるので、
      あれなら飛行機からでも家が見えるぞ〜!って楽しみにしていたのに。

      気になる飛行機は、日本の飛行機とさほど変わらず。
      掃除も行き届いていて綺麗だし、機体もボロッちくない。

      文句を言うなら、座席が狭い。
      太めの人だとテーブルがお腹に当たって出せないかもって感じです。

      1時間半のフライトなので食事はありませんでしたが、
      お菓子とジュース(お酒はなし)が出ました。

      お菓子は海南航空の方が美味しかったです(^^)
      お菓子を食べてマッタリしたらすぐに到着って感じでした。

      ブログなどで中国の国内線は(悪い意味で)スゴイ!と言う記事を何度か目にしていますが、
      私が今回乗ったのは全然問題なかったです。
      むしろ成田〜福州の直行便よりも綺麗で快適だったかも(^^;)

      ちょっとガッカリ(笑)

      気になる料金は片道大人一人500元。娘は席無しなので80元でした。
      急いで一週間前に予約したので一番高い料金だったと思います。

      1ヶ月前に予約すれば、280元で買えると旦那さんが言っていました。

      私一人ではもちろん行けるわけなく、
      義理姉さんと義理父さんも一緒に同行してくれました。

      当初は義理姉さんと3人の予定だったのですが、
      女性2人(と赤ちゃん)だと危ないと心配され、義理父さんも急遽行くことに。

      旦那さん、心配性です。

      パスポートは申請から発行まで3日かかります。
      旦那さんの知り合いが、瀋陽大使館で赤ちゃんだから一日で出してもらったと言うので、電話で聞いてみたけど無理だって。
      広州大使館は一日に20組くらい赤ちゃんのパスポートの申請があって、一人だけ特別扱いできないそうで。

      で、何度も飛行機に乗るのは面倒なので、3日ほど広州に滞在することに。
      チケットを予約した時にホテルも予約したのかと思っていたら
      義理父さんが行ってから見て決めるって言い出し・・・

      旦那さん心配性。
      「親父は何考えてるのかわからない」って怒ってました(笑)
      でも、そういう行き当たりばったりな方が、案外良いホテルが見つかるものです。

      広州白雲空港から広州市内までタクシーで30分くらい。
      日本大使館は花園ホテルと言う5☆ホテルの中にあります。

      このホテルには3カ国の大使館が入っているそうで。

      日本の中国大使館に比べたら全然小さい。
      事務所ですか?と言う感じ。
      正式には広州領事館だから小さいのかな。

      でも、入り口で身分確認と荷物検査(X線検査)がありました。
      私が申請に行った時は他に2組申請に来ていて、みんな赤ちゃんのパスポート申請でした。

      福州から来ていたのは私だけでした。

      久しぶりに日本人と話をしてちょっと気分が上がり、申請を終えたら宿探し。
      義理父さん、いきなり花園ホテルのカウンターに値段聞いてます。

      イヤイヤ5☆ですから。高いですから。

      「一泊1400元だって!」
      って興奮して戻ってきました(笑)

      やっぱり無理だよね〜と言うことで、タクシーに乗り込み
      「安いホテル知らない?」と。

      タクシーのお兄ちゃん困ってましたが(笑)、ホテル探しに協力してくれました。
      安そうなホテルを何件か連れて行ってくれました。

      義理父さん、値段を聞いては「高い!」と戻ってきて、3件目。
      いいところが見つかりました。


      駿星ホテル

      ・・・の、向かいの


      華庭ホテル

      ホテルっちゅーかビジネスホテルです(笑)
      3泊するなら1泊1部屋100元!

      「安い!!ここに決めた!!」

      部屋も日本のビジネスホテルと一緒です。
      狭いけど、100元の料金に比べたら全然良いです。

      テレビやエアコンもあったしシャワーもお湯出るし、
      タオルや歯ブラシなんかも完備。

      義理父さん予想外の安さにホクホク顔です。

      ホテルの周りには飲食店がたくさん並んでいて食事には困らないです。

      福建にはないコンビにもあって感激。
      セブンイレブンって中国にあったのね!と言う感じ。

      3日間、あいにくの雨と言うか大雨で観光はいけずじまい。
      まさしくホテルに缶詰でした。

      赤ちゃんもいるから人ごみには行かないほうが良いですしね(^^;)
      最後の日は雨が上がったので少しホテルの周りを散歩してみました。


      近代的な建物〜と思ったら地下鉄の入り口。


      これも地下鉄の駅〜。

      切符を買うのはタッチボードの機械で
      義理父さんはじめて見たのか「へぇ〜すごいねぇ〜」って。

      福州にも今作っていますね、地下鉄。

      私が利用する日は来るかなぁ・・・。


      花園ホテルの近くには大きなテレビも。
      外国人もたくさん歩いていて、東京みたい〜。

      散歩を終えたら大使館へ。
      パスポートを無事に受け取り、そのまま空港へ。

      帰りの飛行機が1時間ほど遅れましたが、
      大きなトラブルもなく無事に帰ってきました。

      楽しかったけど、疲れた(^^;)
      今度来る時は観光で来たいなぁ。
      | 中国での子育て | 14:53 | comments(7) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 14:53 | - | - |
        コメント
        高速鉄道で事故がありましたね。
        中国国内移動は危険が付きものです。
        気を付けて下さい。
        安全は自分で守らなくては・・・・・
        | こうちゃん | 2011/07/25 11:36 AM |
        ☆こうちゃんさん☆
        ありましたね。
        高速鉄道で追突って・・・ありえない〜。

        早く安心して旅行にいける国になって欲しいものです。
        | sugippi | 2011/07/27 5:17 PM |
        偶然にこのブログを見つけました!
        私もちょうど5月12日に福州市で二人めの女の子(ももか)を出産しました。夫の家族が福州在住で、震災のあとに里帰り出産しました。
        ちょうど、花園ホテルにも一泊して娘のパスポートを取得しましたよ♪すごい偶然ですね。
        私はその後帰国して、現在は東京在住ですが、いま東京は放射能どうだろう??っていうムードが蔓延しています。
        私は、もう一度福州へ戻るか、関西へ行くか、東京で踏ん張り続けるかずっと悩み続けています。
        夫が東京の会社勤務でマンションもローン購入したばかりで、非常に動きづらいのです。
        福州は、賑やかな街でしたけど病院関係がイマイチ不安、東京は放射能が不安、関西は親類縁者一切無しで不安、と変な状況に立たされてしまいました。
        ちなみに、ミルクは震災前のものを何とか購入し海外の軟水で飲ませています。

        福州滞在は3ヶ月ほどで短かったですけど、良い思い出です。
        これからもブログ楽しみに読ませていただきまっす♪
        | ともにゃんまま | 2011/08/22 5:01 PM |
        ☆ともにゃんままさん☆
        はじめまして(^^)
        ともにゃんままさんも福州で出産されたのですね!福州の病院はかなり良い方ですよ。長楽市や今、私が住んでいる田舎の病院なんて…orz
        私たち家族も、中国に帰れなかったら九州の方に引っ越そうかとか考えています。でも親類縁者がいないので不安です。一緒ですね(笑)

        のんびり更新なブログですがこれからも遊びに来てください♪
        | sugippi | 2011/08/28 4:49 PM |
        こんばんは♪
        私が出産したのは、福州市の「福建省女ヨ幼保健院」というところです。
        いつでも大混雑で、出産当日も知人の連絡が遅れて赤ちゃんと廊下で寝るはめになりました(個室待ちの妊婦さんとご家族たちが何世帯も病院の廊下で寝てました(汗)びっくり仰天でした)
        翌日個室に入れましたが、不必要な程広く、応接セットにテレビ・生花・トイレやシャワーと…廊下には公衆便所なみのトイレが一つしかないのに…間違ってるよ!と夫と腹をたててました。
        でも、ももかちゃんは安産で無事生まれてきてくれて、こうして日本にも帰国できたので、主人のご家族には非常に感謝しています。

        いま東京は思ったより深刻な状況です。
        政府がめちゃくちゃな政策をしているので、汚染牛から汚染瓦礫から汚染食品まで全国に出回っていますし、何より怖いのは、「何もなかったフリ」です。
        東京では、何事もなかったかのように街もにぎわっていますが、ネットや様々な情報ソースを見る限り私は東京も結構ヤバイんではないか、と思います。
        しかし、幼稚園ママさんたちや大学院同級生(子育てしながら社会人大学院に通ってました)は一切放射能の話題には触れない人が多いし、外食も普通にしてるようです。
        私が住んでいるのは西東京市という比較的放射線量が低い地域ですが、食物からの内部被爆をとにかく抑えたとしても、長期にわたる空気や環境からの積算値が子供二人に与える影響を考えると、関西へ引っ越すか或いは母子疎開でも…と考えています。
        いまの東京の放射性降下物の平均値はチェルノブイリでいうとキエフという都市ぐらいにあたるようで、YOUTUBEの報道番組を見る限りかなり怖いです。

        ネットと近所のデパートの輸入食品を駆使すれば、日本国内でも何とか安全な食品で食べつないでいけそうですが、まさか日本でこんな事が起こるなんて想像もできませんでしたね。

        sugippiさんはラッキーですよ!旦那様も一緒にいれるし、いま中国で子育てすることは東京よりも安全といえるかもしれません。

        私は中国に行っても、関西に行っても夫と離れ離れになってしまうので、子供への影響を考えると心配です。家族は一緒が一番☆

        今足の指を突き指して骨折してしまい、大人しくしてるんですが、元気になり次第関西へ転職して夫も連れて行けないか作戦を練っています。
        sugippiさんも子育てがんばってください!
        | とも | 2011/08/29 7:48 PM |
        ↑すみません、ともではなくてともにゃんままです☆失礼しました♪
        | ともにゃんまま | 2011/08/29 7:54 PM |
        ☆ともにゃんままさん☆
        福建省女ヨ幼保健院で出産されたのですか。私の1ヶ月前に出産した義理妹が、最初に通っていましたよ。が、評判が良くないらしく、親戚の紹介で武警医院に変えました。私もそこで出産しました。
        武警医院では廊下に寝ることは無く、日本と同じような入院環境(食事と新生児室は無いですが)で過ごすことができました。ともにゃんままさんの話を聞く限り、私は運が良かったんだなぁ〜。
        中国は病院によって差が激しいですよね(^^;)

        私も今の政府の発表は信用性0だと思っています。東電もまったく信用できないし・・・。
        旦那さんがまだ日本にいるので、早いところ中国で仕事が見つからないかと心配しています。
        離れてみると家族一緒にいることのありがたみが身にしみてわかります。
        何とか家族皆さん一緒に暮らせる方法が見つかるといいですね。

        突き指痛いですよね(泣)骨折が早く完治されるように祈ってます。
        ともにゃんままさんも子育て頑張ってください。
        | sugippi | 2011/08/30 4:47 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://sugippi.jugem.jp/trackback/125
        トラックバック